アンブシュアの極意と鏡の効用

スポンサーリンク

丁度よい「開き具合」
それを
丁度よく開き「続ける」
ために
関わる諸筋は使い「続ける」

…と Sax教室生徒とのメール問答にて書いた。

ナニの「開き具合」かと言えば、
 ・下の歯上端〜リード面の距離
です。
簡単に言えば「顎の開き具合」とも言えます。

よくまとまったなと自画自賛しつつ詳細をココにメモ書き。

スポンサーリンク

顎の動揺=タンギングとアンブシュアの残念の代表

先日のレッスンで、
 ・発音の不明瞭
 ・タンギングしたのにすぐ音が出ない
 ・タンギング直前直後の音のタワミ
 ・全体的な音の「響かなさ」

などなどの解決を目指す話となり、まずは
 「タンギングでの舌の上下動に釣られて顎が動揺」

それが原因で良からぬことが多く起こってるのを指摘し、更に
 「噛みすぎアンブシュアがデフォルトになってる吹き方」

が本当の原因なのを理解してもらいました。
 ※その点、詳しくは↓を御参照ください。

鏡だけで解決するアンブシュアの諸問題

鏡で、
 ・実際にナニが起こってるのか
 ・いかに無意識だったか
を実感してもらった。

それから改めて、
 「リードに触れる直前では、舌は前後動」
を簡単に実現できるエクササイズを思い出してもらい、
その結果をまた鏡でチェック。

不思議なことで、
 ・無意識にやってしまっていること
 ・意識できるなら、そうはしたくないこと

…は、鏡を見るだけで簡単に改善できる場合が多いようです。

鏡を見る時の注意

 ・人と比べないこと
 ・自分なりの「目指すイメージ」を持つこと

たとえば、
 「○○先生がコウセヨと見せてたから、その形に近づくように」
といったことに縛られないようにしましょう。

「目指すイメージ」を詳しく言えば、
 ・目指す音のイメージ
 ・それを実現するための作業のイメージ
 ・それを実現するためのプロセス(練習)のイメージ

の3つに分けられます。
それぞれを明瞭にすることで初めて、日々の向上に活かせる
「甲斐のあるイメージ」になるのでしょう。

貴方の身体は貴方だけのものです。
 ・コウアリタイという「結果の音」
 ・自分の身体の特徴と、使える可能性の現状

を、よく考え、よく観察し、
イメージを明瞭にしつつ見失わないよう努め、
またよく考え、またよく観察し、、、

「ありたい自分」
に近づくよう心がけましょう。

 
ちなみに上記の「エクササイズ」は、
ほんの数分でお伝えできる簡単なものです。
ぜひレッスンにお越しくださいませね。
あ、
ヒントは↓

この画像は「ぬいぐるみのセキグチ」さんのアマゾン販売ページから借用しました。問題あらば権利者から御連絡頂ければ削除いたします m(_ _)m

鏡。ミラーともいう

探してみると色々あるもんですね。
運びやすく、机に乗せて使いやすいような。

安いものなら…

可愛い手鏡、持ち運ぶのは愉しい
置く時の難しさを気にしなければ…

壊れにくくて、角度調整できて、
ある程度面積にユトリもあって…
だと、長く愉しく使えそう。例えば…

上のモンチッチ画像は↓からお借りいたしました m(_ _)m
(問題あらば権利者の方から御連絡いただければ削除しますね)

コメント

タイトルとURLをコピーしました