まっすぐなロングトーンへの近道

スポンサーリンク

それは「曲げること」です。
自転車が倒れないのはユックリ小さく蛇行してるから。

最初に大きな幅で素早く「わざと」音高を上下させつつ伸ばします。
少しずつ小さくユックリとした揺れにしていきます。
それを音圧と音色でも行います。

やがて限りなく「ほぼ真っ直ぐ」に近づきます。
そこまでくれば、呼気圧と楽器からの反作用圧(音高毎に全て違う)とのバランスが判り、互いに寄りかからせながら本当に真っ直ぐにも至るでしょう。

小さな針穴ばかりを狙ってたら、いつまでも糸を通せません。
針穴の周囲一帯を上手に狙う練習が、結果的として穴に糸を通します。

そのタイプのアイディアは↓に詳しく紹介してます。
『なりましょハナウタ美人!_大人ソルフェシリーズ入門編』
 http://bit.ly/KT_hanautabijin

初心者にはロングトーンを無闇には奨めたくありません。
「その人にとってのロング」つまり発達段階ごとに丁度よい長さがあるはずです。
その点については↓で詳しく紹介してます。
『フルートWarmUp 一石三鳥!! _ おまけ:初めての音階とアルペジオ_』
 http://bit.ly/KT_FluteWarmUp

音圧・音高・音色を決定するのは勿論、呼気圧だけではありません。
ナニが如何に作用し、その操作を如何に「より精緻に」するかについてはこの本で紹介してます↓
『ギジレジで倍音簡単!』
 http://bit.ly/KT_gijireji

コメント

タイトルとURLをコピーしました