サックスは簡単!って本当?

スポンサーリンク

って質問を見かけたので勝手に答えてみます。

Q:サックスは簡単って聞いたのですが本当ですか?
A:はい、本当です。
ですけど、奥は深いのでずっと愉しめますよ。

1)発音は容易
他の木管楽器と比べます。
・フルート_まともな音になるまでに大抵かなりな時間がかかります。
・オーボエ、ファゴット_同じく
・クラリネット_向き不向きの差は大きいですが、サックスと比べれば必要とする呼気圧が大きいので、初めて触る人には「比べれば」大変と感じるかもしれません。
・金管楽器(トランペット、トロンボーン、チューバなど)も、まともな音になるまで&使える音域を拡げるのに時間がかかります。

それらに比べるとサックスは、パクっと咥えて息を吹き込めば大抵プっと音は鳴ります。
2オクターブ出せるまでにも時間はさほどかかりません。

ただし、音は出るってだけです。
カッコイイ音になるまでには時間はかかります。
どんな咥えかた、身体の使い方をしてもとにかく鳴ります。
人により鳴り方の違いはとっても大きい。
でも、どんな音でもサックスの音です。
愉しく吹けてればどんな音でもいいんです。ですが…
やがて「こんな音になりたいな~」と思うと途端に愉しい苦労の時間が始まります。
もちろん、だからこそ長く愉しめるってことですけどね。

 

2)運指は容易
リコーダーにかなり近い。
フルート、クラリネット、オーボエ、ファゴットと比べると各段に解りやすくて操作も簡単。
19世紀末に発明された楽器ゆえ、なにかと合理的に作られてるからです。
サックスから始めた人が他の木管楽器に移行しようとすると大抵、猛烈に苦労するので確かなことです。

 

3)まともな音高・音程は出しやすい?
はい、それは難しいです。
他の木管楽器は、1つの運指で出せる音高の幅、その融通は狭いです。
サックスは、良く言えば融通が効く、悪く言えば音程についてはイイカゲンになりやすい。

木管楽器全てに言えることですが、運指さえすればピアノのようにマトモな音高が出ると「思い込み」やすい。
その途端に、どんな高さが出てるか、を慎重に聞く耳が閉ざされがちです。
そうなったら最後、ずっと音痴なまま。
サックスはそうなりやすい楽器です。
音圧はタップリだし、どう吹いてもサックスの音がする、つまりどう使っても充分以上に魅惑的なので酔い痴れてしまいやすいから。
結果的に、他の木管楽器よりも酷い音痴状態を晒しやすい。

金管楽器の場合は、音を出す&伸ばすのが初心者には困難。
おまけに、まともな音高を出すのが「難しいと簡単に解る」ので、初心者のうちからその点気を付けて練習を始めやすい。

サックスの音はとにかく出る、
それは愉しんでよいのですが、初心者のうちから音程を「作る」ことに関心はもっておくのをお奨めします。

 

4)お手入れは簡単?
木製の楽器よりは細やかな気遣いは要りません。
なんたって割れませんから。

とはいえ、自分の健康のためにも演奏後の掃除はしましょう。
音孔を閉じるパッドは天然皮革です。
使っていると傷みが進みます。ゆっくりとですが。
演奏後の唾と埃などの汚れは拭き取っておけば長持ちします。

キーを動かすバネは、特に高級楽器は「ハガネ」なので錆びやすい。
ので、飛び散った水分は拭き取りましょう。

本体に塗ってあるラッカーは使っていれば所々禿げます。
あるいは、最初からラッカーを塗ってない楽器もあります。
本体全体も水分などは中も外も拭き取ってから仕舞いましょう。
金属メッキの楽器は禿げにくく、水分によって傷みにくくはありますが、見た目はバッチくなるので、やはり拭き掃除はしましょう。

ケースに入ってたとしても落としたりブツケたりすれば簡単に壊れますので気を付けましょう。

使っているうちに、音孔を閉じる機構が変形して、ちゃんと閉じなくなったりします。
2ヶ月に1回はリペアマンに「バランス調整」をお願いします。
新品で買ったら最初は1ヶ月後には調整に出しましょう。
使い続けてるうちにその間隔は長くなっていきます。
けど、
3~8年に1回はオーバーホールが必要になります。

ラバーのマウスピースは落とせば割れます。
メタルのは落とせば曲がります。
気を付けましょう。

 

5)ランニングコストは?
金管よりはかかります。
リードは消耗品です。そこにお金がかかり続けます。
けど、オーボエ・ファゴットよりはずっと安いです。

リードを買いに楽器屋に行くと、マウスピースやらストラップやら初めて観るリードやら色々と魅惑的な商材が並んでるので、ついついお金を使ってしまいます。
それが一番の問題かもしれません。

上にも書きましたが、定期的に調整経費はかかります。

 

6)運ぶのは大変?
ケースに入った状態で持ち上げてみて判断しましょう。
大丈夫!と思えれば大丈夫です。

 

、、、というわけで、甲乙もろもろありますが押し並べると、まぁ、簡単な部類には入るのだと思います。

簡単かどうかを気にするより「吹いてみたい!」と思ったら、迷わずにサックスを手に取ってみましょう。
パクっと咥えてプっと言ってみれば「なんだ簡単じゃん!」って思えるはずですから。

レッツゴー楽器屋さんっ♪

 

※あ、一応書いておきますけど、、
楽器を鳴らす簡単さ、と、音楽と付き合いを深めて演奏表現を深められるか否か、ってのは別の話です。
後者は、どの楽器でも同じで「愉しい時間」がジットリと長く続きますぜ。
れっつエンジョイ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました