リップスラー_すぐ隣りの倍音「に限って」スルリと行けないわけ

スポンサーリンク

サックスとフルートでの話です。
長らく感じてたことなんだけど科学的理由を見つけました。

いわゆる倍音の練習をしてると、
すぐ上の倍音に行こうとすると何故か
1つ飛ばした上の倍音に飛んでしまう。

ありますよねそれって。
サックスでは顕著だし、フルートでも音によっては感じます。
で、サックスでもバリトンだけは症状の出方が少し違ったりします。

もともとこの数週間、フルートで研究してました。
「外しやすい音」の理由を。

たまたまレッスンで生徒に促されてサックスでも計測しました。
そしたら、あらま、なんてクッキリと!

フラジオ音域、出せるけどメロディーは吹き損なうことが多い。
そんな お悩み解決の糸口になるかも。

計測結果がなんとまぁ美しい絵柄なのですわ。

、、、その紹介記事を書くのにワクワクしてます。
待ちきれないので予告編を呟いてしまいました。

うふふっ、、どうぞオタノシミに♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました