スロート音域、運指と発音の洗練

スポンサーリンク

木管初心者の四苦八苦シリーズ。
クラリネット、音階運指はだいぶスムーズになってきたのでアルペジオ練習をまた深めようかと。

その前に、きっと壁になりそうなスロート音域周辺の跳躍音程運指の洗練化を目指します。
こんなことすると効果的なのかと。
運指の洗練化が要点なので全てスラーで行います。
各小節 1&2拍目と3拍目は繰りかえしたくなりますよね。
はい、それで正解です。

勘所は、
 ・左親指と人差し指の動きを極力小さくする
 ・左の手の甲の回転運動を極力小さくする
…の2点なのかと。

と同時に、音程バランスにも留意しつつスロート音域の音色と響き、そのすぐ上・下との平滑化を図ります。
その為にはなにをするか、、考えがまとまったらまた書きますm(_ _)m

主にクランポンRC を使ってますが、最近バレルを短めのパトリコラに換えたら、全体の音高のみならず左手辺りの音程バランスもガラっと変わりました。
音色は素敵なので活かすべく、音程調整を巧くできるよう工夫せねば。

ちなみに、知人から頂き物の楽器と某店旧型番処分特価品のバレルです(^_^;

 
このタイプの音型譜例はフルート用には↓にガッツリ網羅してます。
あらゆる音程遷移に強くなりたい人はレッツトライ♪

『フルートWarmUp 一石三鳥!! _ おまけ:初めての音階とアルペジオ_』
 http://bit.ly/KT_FluteWarmUp

コメント

タイトルとURLをコピーしました