思春期の特権、校舎の窓ガラスを割ってまわること。

スポンサーリンク

今回は音楽とほぼ関係無い雑記です。

少なからぬ友人達が生死の境を彷徨う昨今につぶやく。
誰かの命を左右する権利って…

武器を持つ自由、その有無の是非は各自判断に任せますが、
現状では武器とは人を殺めるために作られるもの。
武器として作られなかったあらゆる物も我々の身体自信も、人を殺める道具となりうる。
武器と思って身に付ければなんでも武器になる。

誰もが武器を持ち、誰かの生死が個々の恣意に委ねられるなら、死刑制度の是非についての論議も空しい。
制度つまり国の仕組みとして誰かの生死を決められるか否かについては戦争についても同じく、誰もが自由に武器を持つならその是非を語ること自体が空虚なことになる。

己を殺めようとする者から身を護る自由。
その為に武器を持つ自由。
不本意に殺されたくないと思う限り身は護りたいものです。

人の歴史は、
人を殺そうと思わないようにしようと先ず思えるよう工夫を重ねてきた。
その結果が基本的人権って考え方や、それに依って立つ政治的仕組としての民主主義、経済その他の仕組としての自由主義。
資本主義もそれらありきで成り立つもの。
 ただし資本主義ならでは湧く欲望は増大すると基本的人権を侵しかねない。
 それとの闘いも絶えず繰りかえしてるわけね。

それらを尊重する限りは、護るための武器を持ったとしても率先して使わず、
誰もが誰かを殺めずに済むよう努力を続けるものでしょう。
それが叶うなら殺される心配もないので、護る為の武器も要らない。
そこに至るのに時間はかかりそうだけどね ^_^;

例えば、
痴漢に気を付けよう、ではなく
痴漢はやめよう
ってこと。
する者が居ないなら気を付けなくてよい。

ところが何故か、誰かを殺そうとする者、誰かに誰かを殺させようとする者は絶えない。
果てしない欲望の充足に向かう精神の故か、
殺すこと自体の本能的スイッチが我々に備わっているのか。

奪い取ってまでも得ようとする欲望、
誰かを踏みつけないとアイデンティティを持てない人の残念、、、

哲学、芸術といった文化の不足と不測を感じてならない。
コミュニケイション不全の果てに暴力に訴える、という原始的出来事を見るたびにそう思う。
言葉にできない。だから校舎の窓ガラスを割ってまわる。
思春期かっ(笑
ぬすんだバイクでお買い物~♪(© 泰介くん)

殺すとは誰かの心臓の動きを停めさしめること。
人たる所以は、身体のみならず精神も不可欠。
ならば精神を破壊さしめる意図も殺人であり暴力的行い。

・脅迫 _暴力で命と安全を脅かして誰かを己の思うように動かそうとすること。
・ファシズム _抑圧と侵略で支配と所有の欲望を満たそうとする政治的思想傾向。
・レイシズム _差別と排斥で優勢感を満たさんとする欲望と行い。

どれも思春期以前的にいえばイジメ。
だっさ ^_^;

痴漢の喩えに照らせば、
脅迫にも言論の自由! などと言う者あらば、、っの前に脅迫しないでね、ってこと。

アンティファなんて言葉がある。
アンチファシズムの略ね。
そのネーミングは、
ファシズムを嫌う人達をある種の団体的行動と見なし、
なにかしら危険な行いをするグループと見立てて、
悪者と言い立てるのに便利な言葉らしい。
実際にはそんな団体は無いし、ってか、っの前にファシズムもうやめなさいな。

ある国からの留学生に限ってこんな優遇が…
なんてのを目にする。
調べてみると、その国からに限らなかったり、特に優秀な学生だからという普通の奨学制度なだけで普遍的なことではなかったり。
言い方1つで排斥とかヘイトの道具になる。

例)「外国人留学生の奨学金は本当に優遇されているのか」
 by osamu-fujimura さん 2017/01/09
https://ameblo.jp/osamu-fujimura/entry-12236331663.html
と、より具体的な 2020年版↓「国費留学生制度はおかしいのか」
https://ameblo.jp/osamu-fujimura/entry-12626131316.html

さらに具体的な↓「中韓からの留学生は不当に優遇されている?」
https://seesaawiki.jp/against-hatespeech/d/%C3%E6%B4%DA%A4%AB%A4%E9%A4%CE%CE%B1%B3%D8%C0%B8%A4%CF%C9%D4%C5%F6%A4%CB%CD%A5%B6%F8%A4%B5%A4%EC%A4%C6%A4%A4%A4%EB%A1%A9

資料として「平成29年度私費外国人留学生生活実態調査概要」
https://www.studyinjapan.go.jp/ja/_mt/2020/10/seikatsu2017.pdf


暴力をいたしたい方は独特なロジックを展開されるもの。
特徴として、まずは「○○はニセ情報」「マスゴミは全てフェイク」から始めたりする。
世の中意外と簡単にそれだけで彼らのファンタジーに呑み込まれるものらしい。
既存概念からは新鮮で陶酔しうるスイッチと誤認しやすいのでしょう。
事実を述べるだけなら、他を嘘と最初に言う必要はありませんから ^_^;

簡単に嘘って判ることも、そのスイッチを入れられた途端に、
調べるに至らず、論理的思考は停止して信じ込みやすいものなのですね。

例)『「アップルが強制アップデートでSNSアプリを削除する」トランプ支持者たちがデマ拡散』
https://news.yahoo.co.jp/byline/shinoharashuji/20210111-00217038/

**********

今、新規感染者の人数に日々心動き、見知らぬ誰かと自分の命に誰もが思いを巡らせてる。
医療の現場に居る方々はギリギリの頑張りを続けてる。
世の中を動かし続けるのに不可欠な立場の誰もが最大限気を付けながら頑張ってる。
そうでなくとも落ち着いたらより佳き世の中に貢献できるよう準備をしてる。

そんな事々も原爆いくつか落としたら全部オシマイ。
それよりは小さな暴力の数々も同じモノサシの上。
少しずつオシマイへのスイッチになってる。

他の誰かを大切に思えないと自分も護れない。
その逆もまた正なりかと。

現実には…とか、必要悪…とかは置いておく。
自分の命は短くとも、たぶん人類の歴史はこれからも長いでしょうから。
砂粒が理想ばかり言い続けるのも無駄ではないと思うのですわ。

身近で生死を彷徨う友人をおもうのと同じ気持ちで、誰もが互いを大切に思い合えるとよいのでしょうなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました