Parallel key は同主調であり平行調のことではない

スポンサーリンク

ちょいとしたボヤキです。

日本語の「平行調」は長調のⅠとその Ⅵ に在る暗い音階との関係。
英語だと Parallel key は日本語での「同主調」のこと。
日本語の平行調にあたる英語は Relative key。

日本語の「関係調」は近親調一般をザックリ指すが
英語の Relative key は、
機能和声的音楽でのⅠとⅥ のこと。

誤訳なのか意図的だったのか混乱の素よね。

Relative key ね、英語でも旋法的説明でなら
より拡張的にも用いられるかと。
けど、
日本語での「機能和声的説明に於ける属調・下属調・同主調などをヒックルメテ」
という使い方とは一線を画してますね。

お部屋の片付け中、90年代初頭ボストンでの授業ノートを見かけてついつい呟きました。

あの頃はひたすら鉛筆で手書きだったな〜
ビッグバンド用の数十ページってスコアも全部、、はひ〜っ

ん、
この「トコロカワレバ」的な呟きは時々してみていいのかな…
日本の吹奏楽界とか不思議なコトバが闊歩しまくってるしね〜(苦笑

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました